top of page
IMGC3416.jpg

Painter/画家 栃原比比奈

「自分の絵をどう描くか」が私の絵の一番の目標です。

吹き抜ける風や、移ろう時間、記憶の断片は一瞬で過ぎ去ります。

それをどう絵の中に見出し、気づき、自分の判断で拾っていくか。
毎日絵について考え、絵を描いています。

このHPでは、新作から過去作品、展覧会について紹介します。

​日々更新しているInstagramもご覧ください。

BIOGRAPHY

1977年東京都港区生まれ横浜育ち。

​2001年多摩美術大学絵画科油画専攻卒業

 

建築家の父と経営を共にしていた母の趣味で幼少期から頻繁に引っ越しを体験。小学生の頃から周囲と馴染むことが出来ず、父親の影響で絵を習い始めた。以来、絵の中に居場所を見出す。2浪して多摩美術大学で油絵を学んだのち経済的理由から就職。その後20年あまりは不遇の日々を送る。

 

30代後半は南国に魅せられ、沖縄や九州地方を放浪。燦燦と降り注ぐ太陽の日差し。空の広さ。木の陽気な姿や透き通った海などをモチーフに自分の絵について試行錯誤する時間を過ごした。

 

転機は2021年。禅の思想に触発され「人生をどのように生きるか」が「絵をどう描くか」に直結していることに気づく。​

2001年に多摩美の油画を卒業後、継続して絵と向き合う中で「歯車がかみ合った」と感じたのは2022年9月のこと。​吹き抜ける風や移ろう時間、記憶の断片を、素早く絵具に乗せて描く。
「速描」に活路を見出して描いた5枚の顔のオイルペインティングが契機となった。

手ごたえを感じて以来、日々新鮮な気持ちで絵と向き合っている。

CV

主な展示歴
 

2023年個展「鏡のメタファー」(BEAK585GALLERY/大阪)

2023年ドロペイ。展(ターナーギャラリー/東京豊島区)
2016年シェル美術賞2016(新国立美術館)
2015年シェル美術賞2015(新国立美術館)
2010年個展(ギャラリー山口/京橋)
2001年二人展(key gallery/銀座)

   

受賞歴


2001年 福沢一郎賞

その他

2023年「栃原さんとPAIR」 画家OJUN氏より寄稿

bottom of page